3.水素発生装置

 電気化学実験その他各種化学実験のように、実験室内で水素ガスを用いた小規模実験を行いたい場合、水素ガスボンベを室内に設置することは危険を伴うばかりでなく、ボンベ設置場所や専用の配管工事などスペースの問題に配慮する必要が生じてきます。
 本製品は、Faradayの法則に基づいて水電解セルから外部電流によって制御された水素量を発生するもので、設置場所を簡単に移動でき、また小さなスペースに設置できるため、維持管理のしやすい廉価な水素発生装置を提供します。
 本製品では、透明アクリル樹脂製のセル内にアルカリ電解質を満たし、水素発生部と酸素発生部をアニオン交換膜で隔て、それぞれに電極を設置し外部電源(定電流電源)に接続することで、希望する流量の水素ガスを発生させることができ、また腐食などの問題が生じないため維持管理のしやすい構造となっています。 。
1. 装置自体は実験台の上の小スペースに乗るコンパクトなものです。
2. 定電流電源に接続することで、30ml min-1までの任意の水素ガス発生量をコントロールできます。
3. アニオン交換膜には、耐久性のある開発品を使用しています。
4. 水分除去用の除湿カラム(オプション)を用いることにより、乾燥水素ガスを供給できます。
5. アクリル樹脂製なので水電解セル内部が観察でき、維持管理しやすい構造となっています。

本体は架台に収納されており、標準付属品として定電流電源、ミストトラップ、アニオン交換膜4枚、オプションとして除湿トラップ、追加アニオン交換膜

品 名 内 容 価格(円) 備 考
水素発生装置 定電流電源、アニオン交換膜4枚、ミストトラップ付き 160,000 本体130mm×130mm×高さ270mm、定電流電源は最大3A
除湿トラップ シリカゲル及びモレキュラーシーブカラム、スタンド付属 20,000 20mmφカラム×2本、高さ400mm
追加アニオン交換膜 OH-伝導膜 2,000 厚さ約0.05mm