5.ホットプレス一体型燃料電池計測単セル試験装置

 本装置は、手動式のプレス機と燃料電池を一体化し、電極面積2cm2と小型でありながらカセット式の交換可能なガス流路をくみこむことを可能にした、新しいコンセプトの燃料電池材料試験装置です(実用新案 実願2019-4254)。

 本装置により、燃料電池試験に携わる研究・技術者が、様々なMEA(膜・電極接合体)材料試験片を用いて燃料電池発電特性などを計測し、電池の性能向上、耐久性試験、システム運転試験などを行うことによって、燃料電池材料開発に役立てることができます。具体的には、以下のような項目の試験を、大がかりな従来装置より遙かに容易に行うことができます。
(1) 燃料電池触媒を開発している研究者が基礎研究で得られた成果を実証するため、新規触媒等の新材料を組み込んだMEAを作製、性能測定し、開発に資する。
(2) 燃料電池用新規高分子膜を開発している研究者が、燃料電池性能を測定し、高分子膜性能向上に資する。
(3) その他新規材料(多孔質カーボン材料など)の開発に役立てる。
(4) ユーザーが任意の流路を設計・変更し、手軽に試験することができる(カセット式流路ユニット)。
(5) モデル燃料電池の締め付け圧を種々設定し、またガス供給条件を変化させながら燃料電池特性を測定し、最適運転条件を見いだす。
(6) 燃料電池の耐久性向上のため、種々のサンプル、運転条件において長時間運転し劣化メカニズムを明らかにする。


上から、プレス固定式燃料電池材料試験装置と締結圧計(上段)、燃料電池温度コントローラ及び加湿器(中段)、加湿器温度コントローラ(下段)。

ホットプレス一体型燃料電池試験装置概要

価格表

品 名 内 容 価格(円) 備 考
燃料電池試験装置 ホットプレス、圧力計、温度コントローラ 600,000 本体200mm×400mm×高さ500mm、プレス部60mm×80mm、設定温度範囲:室温~90℃(上下プレート独立)、最大プレス圧力1000kg
カーボン製ホルダー ガス導入、排出マニホールド3mmφ 80,000(2枚1組) 60mm×80mm×10mm、アノード部及びカソード部の2枚1組
カセット式流路 サーペンタイン型、潜り込み型、渦巻き型など指定可能 40,000(1枚) 外寸法15mm×18mm、厚さ3mm、アノード部及びカソード部毎に流路幅、溝幅、リブ幅など指定できます
MEA作製用ホルダー テフロン樹脂製板 5,000(1組) テフロン樹脂製下地、テフロン樹脂製窓(20mm×20mm)付き板
MEA アノード触媒/電解室膜/カソード触媒 4,000(1組)から 電極部20mm×20mm、内容により見積り(ユーザー触媒試作品も担持可能)